読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STYLE [KR] MORE

KRアーティストたちのFASHION etc

花郎EP.10〈ざっとあらすじ〉①

DRAMA 花郎

※ネタバレ注意※

 

花郎をDATVが買い取ったということで、YouTube上の花郎が片っ端から消されているそうですね、、、

ついこの前も、トッケビをMnetが買い取って3月から放送が決まった、となった瞬間にすべてのトッケビを抹消し始めて、ついには月に500円も払って見ているところでも日本語字幕の許可が降りなくなって今意地で思いっきり韓国語を聞いてます

DATV、Mnetともに衛星放送のケーブルが違うから見れない、、、悔しい著作権問題(゜-゜)

 

数少ない日本語字幕が無くなる前にここに残していこうと思います

とりあえずスピード勝負…!!

 

昨日放送された10話のあらすじを何回かに分けてざっと行きます

(書けたら9話分も遅れてアップしたいと思っています)

 

 セリフは青文字で、アバウトです。

10話、9話の最後のシーン、太后陛下が体調を崩してテントで休んでいるところにジトゥイ(サムメクチョン:ヒョンシク)がやってきて、その会話をアロ(コ アラ)が目撃してしまうところから始まります

 

f:id:morecotton:20170118193857p:plain

 

アロが医務テントで、練習に励み手を負傷した花郎くんを治療していると、ハンソン(テテ)が急いで駆けて来ます。

 

ハンソン「どこを探したらいいんだよ…」

アロ「誰を探してるの?」

ハンソン「ジトゥイとパルリュ」

 

f:id:morecotton:20170118200843p:plain

 

ハンソン「早く見つけないと 僕たち全員不合格だよ…」

アロ「不合格?!」

 

なんですって?!と立ち上がるアロ。

兄(仮)ソヌ(犬鳥)(パク ソジュン)はすでに筆記試験で不合格をもらっているので、あと二回不合格をもらったら花郎を追放されてしまいます。

 

急いで2人を探しに出たアロ。

 

アロ「どこ行ったんだろう…」

 

と、テントの周りを探していると

 

f:id:morecotton:20170118201332p:plain

 

あっいた!

アロ「何よ、ここにいたのね」

 

テントを覗くとジトゥイの姿が見えました。

そこから聞こえてきた会話。

 

ジトゥイ「スンミョンを仙門に送り込んだ理由は何ですか?」

 

9話でスンミョン(公主様:ソ イェジ)*1太后様の呼び出しで治療?から戻ってきて、すぐ仙門に行かされました。

 

アロ「(ジトゥイと会話してる人は)誰だろう?」

 

そっと反対側を見てみると…

 

アロ「はッ!太后陛下…?!」

 

太后(チソ)「王が仙門に居てなぜ公主がいってはならんのか」

ジトゥイ「オモニ!!」

 

アロ(オモニ?!)

 

太后「スンミョンが仙門にいて窮屈ならあなたが仙門から出ていけばよいのだ」

太后「民の前で踊りを踊る王など…」

ジトゥイ「誰も私が王ということを知らないのに何の関係があるのです」

 

f:id:morecotton:20170118202506p:plain

 

ジトゥイ「母上が王座を退いてくださらないならどっちにしろ王になどはなれませんが」

 

太后「王族の伝統によりスンミョンはあなたの妃になるのだ」

王「私の妃は私が決めます」

太后「お前の気持ちなど関係ない」

 

ジトゥイは王だった…!

ほんとに?ほんとなの?

 

(ちょっと待って公主様って太后の娘のことじゃないの?ジトゥイの妹にあたるんじゃないの?あとで調べてみよ、、、)

 

アロが混乱していると、覗き見をしていたことが禁軍大将に見つかり気絶させられてしまいました。

 

f:id:morecotton:20170118203131p:plain

 

まったく何回捕まるんだアロは…(心の声)

 

一方パルリュの方は悩みに悩んで葛藤中です。

 

f:id:morecotton:20170118204300p:plain

 

前回、スホ(チェミノ)の妹スヨン(イ ダイン)から手紙で「パルリュ様の踊りを一番前で見ます!」と言われる一方で、父から「踊りなど絶対にやってはならない。台無しにしなさい。」との手紙が来ました。

パルリュの義父ヨンシル公はチソが作った花郎が華やかになることを良く思っていないために、公演を台無しにしたいのです。

 

スヨンのためにも踊りたい、

そしてもしパルリュ1人が失敗したら花郎全員の責任となって不合格になってしまうというのも背負っています。

でもこの前ヨンシル公に父が殴られているのを見てひどく心を痛めていたので、権力には従わなければならない、という気持ちも・・・。

 

そこにパルリュの父がやってきました。

 

パルリュ父「仕事はちゃんとできたか?これは太鼓を破って公演を台無しにするという単純なことではない。今、ヨンシル公はお前を試しているのだ。ここで失敗したら今までのことがすべて水の泡になってしまうことをわかっていないのか?」

 

要するに、何をためらっているんだ、ということですよね。

 

 

パルリュ「そんなに怖いんですか?」

父「なんだと?」

パルリュ「ヨンシル公がそんなに怖いんですか?」

父「お前…すべてはお前のためだ。今回うまくいったら、お前の義父がお前を大きくしてくれる。」

f:id:morecotton:20170118205739p:plain

 

パルリュ「わかっています、すべて私のためだと。でもそれは私の考えなど関係ないじゃないですか」

 

パルリュ、気持ちは固まりました。

 

 

またまた一方そのころ倉庫では。

 

f:id:morecotton:20170118205824p:plain

 

来ました、悪い顔をしたカンソン!!

 

9話で楽器がめちゃくちゃにされてたのはパルリュではなく、こいつカンソンの仕業だったんですね~。

悪い笑みを浮かべながら太鼓を裂きまくってました。

 

舞台の方では踊り子?たちがステージを盛り上げています。

観客席にいるヨンシル公はパルリュの父と、「仕事はうまくいってるか?」「はい、もちろんです」

太后陛下も不安な表情でした。

 

出番の前に練習しようかな?的な感じで倉庫を覗きに行った花郎2人は、楽器がめちゃくちゃになっているのを発見します。

 

f:id:morecotton:20170118210301p:plain

花郎「俺たち…どうする?!」

 

どうしようか!

風月主と楽師さんたちは「太后陛下に直ちに公演を中止することを伝えなければ!」と頭を悩ませているところ、

花郎たちの中ではパルリュに対して疑いが膨らみます。

 

f:id:morecotton:20170118210413p:plain

 

スホ、半ギレ。

 

だって仕方ないよ、この場に居ないのパルリュだけだし。

元から花郎に対して反対してたし。

 

解決策がないね、というのに対しソヌは「あの人はこんなんで終わらせる人では無い」と楽師さんとアイコンタクト。

 

皆が肩を落としているところにパルリュが戻ってきました。

踊る決心をしたので衣装に着替えに来たのです。

そんなパルリュにスホは近寄り胸倉をつかみます。

 

スホ「お前、最初からそのつもりだったのか?」

 

パルリュはスホを突き放しますが、怒りの収まらないスホはまた飛びかかろうとするのをヨウルに止められます。

 

ヨウル「やめな」

スホ「この野郎、この公演を台無しにしたら絶対に許さないからな。そんなことになったらお前は、終わりだ。」

 

周りもパルリュに対しての視線が冷たい。

だって楽器破壊犯をパルリュだと思っているからね。

 

f:id:morecotton:20170118211402p:plain

くそう。。。

 

 倉庫では。

f:id:morecotton:20170118211621p:plain

 

とりあえず楽器になるものはないか、とソヌが板をたたいていると楽師おじさんの一喝。

 そういえばソヌは芸の才能がいまいちでした。

 

ソヌ「そんでこれはこのままやるのかよ」

楽師「わしを誰だと思っている」

ソヌ「村のいかれたおっさんだろ」

楽師「このっ!楽師!楽師ウルク!」

ソヌ「楽師でもなんでもいいけど、これどうするんだよってば」

 

フ~と残りの道具を手に取り考える楽師ウルクおじさん。

 

楽師「作らなければ…」

即席で楽器創っちゃいました。

 

 ここで風月主が公主様に楽器が壊れたことを報告に行きます。

スンミョン「最初からこうなるつもりだったのですか?絶対に失敗があってはなりません、わかりましたか?」

やはり公主様は太后陛下に似ているな~圧がすごい。

 

無事、楽師おじさんの即席楽器で公演がスタート。

 

f:id:morecotton:20170118212355p:plain

 

踊り部隊も合流します。

 

f:id:morecotton:20170118215232p:plain

 

みんなが練習してたところ、ちゃんと出来てる!!

 

f:id:morecotton:20170118215416p:plain

 

太后陛下の前ということで、スホはしっかり気合いが入っております。

 

華麗な踊りは続き、

1人ずつポーズで並んでいく振りに!

 

f:id:morecotton:20170118215902p:plain

 

びくすのテダナダノでいうここですね、

 

f:id:morecotton:20170118215955p:plain

 

最後をキメるヨウル!うまいし!(ヨウルを特に応援していた私)

 

f:id:morecotton:20170118225039p:plain

ダンス出来る組(ジトゥイ・ハンソン・スホ)も出来ない組(パルリュ・ヨウル・ソヌ)も一丸となって…!!

 

踊りきると大きな歓声が上がりました。

 

f:id:morecotton:20170118225228p:plain

ハンソン:やりきったよ!!

 

f:id:morecotton:20170118225307p:plain

 スホ:太后陛下、見てましたか。((キラッ

 

f:id:morecotton:20170118225404p:plain

パルリュ:俺…踊り切ったのか…

 

f:id:morecotton:20170118225453p:plain

ジトゥイ:私の民(アロ)はちゃんとみていただろうか。

 

 

f:id:morecotton:20170118225532p:plain

ソヌ:ひとまずやりきったぞ。

 

f:id:morecotton:20170118225556p:plain

ヨウル:うまくいったじゃ~ん

 

f:id:morecotton:20170118225646p:plain

よくやった、よくやった!

喜ぶ楽師おじさんと風月主

 

f:id:morecotton:20170118225631p:plain

おい、話が違うじゃないか、とにらむヨンシル公

 

花郎たちの公演が成功したことに対して腹を立ててる人物がもう一人

f:id:morecotton:20170118225820p:plain

カンソン:なんだよ計画と違うじゃないか!!

そうだよね、あんなに太鼓破ったのに、納得いかないよね。

 

f:id:morecotton:20170118225855p:plain

パルリュ父:よ、ヨンシル公!

ヨンシル公ももちろん納得いきません。

 

f:id:morecotton:20170118225948p:plain

太后陛下:まあ、よかったんじゃないの。

 

f:id:morecotton:20170118230022p:plain

 やりきった達成感で満ち溢れる花郎たち。

 

f:id:morecotton:20170118230143p:plain

 

ハンソンは嬉しさのあまりソヌの腕をぶんぶん。

 

そんなソヌの視線の先には楽師おじさんが。

f:id:morecotton:20170118230225p:plain

良かったぞ、というような温かい微笑み。

 

f:id:morecotton:20170118230318p:plain

ジトゥイに抱き着くスホ。

((何この可愛い画!!!!

 

f:id:morecotton:20170118230409p:plain

するとこの時、観客側で見ていたひとりの謎の男が出てきます。

この男の視線の先にはソヌが。

さっきからずっとソヌを見守っていたんでしょうか。

 

f:id:morecotton:20170118230513p:plain

花郎たちの方に戻ってみると、次はスホはソヌに抱き着いています。

 

いやぁうまくいってよかったね~みんな!!

これでみんな合格だね!

 

 

 

というところで、キリがいいので①はここまでです。

 

あらずじ②に続きます!!

stylek.hatenadiary.jp

 

*1:ホンビンのドラマ武林学校のヒロインの子ですよね!お顔がこんなに綺麗で声も聞きやすくて素敵だなあ